ニューパルサー
(山佐)
クランキーコンドル
(ユニバーサル)
タコスロ
(ミズホ)
サンダーV
(メーシー)
バーサス
(アルゼ)
ハナビ
(アルゼ)
1993年4月 1995年7月 1996年10月 1997年11月 1998年8月 1998年9月
大量のリーチ目と初めてボーナス絵柄にキャラクターを採用。
大ヒット機種となる。

技術介入という言葉を広めた機種。
リプレイはずしとDDTで設定1でも機械割100%を超え、スロプロ増加のきっかけになる

リールのスベリと多彩なリーチ目で人気に。
甘い機械割も魅力。

斬新な3連Vの絵柄と多彩なフラッシュで大人気に。
未だ現役で稼動してるところもある。

サンダーV以上のフラッシュと予告音比較的簡単なはずしと設定判別で甘い。
レバーを叩いたときのスタート音の「遅れ」を広めた。
アルゼのドンちゃんシリーズの最初。

シーマスターX
(山佐)
コングダム
(山佐)
ルパン3世
(平和)
ホットロッドクイーン
(オリンピア))
大江戸桜吹雪
(平和)
1999年7月 1999年11月 2000年3月 2000年4月 2000年8月
4thリール第一弾機種。テトラリールと呼ばれ、子役告知の先駆け。 テトラリールが進化し始動タイミングに幅をもたせ期待度を演出。 ノーマル、スーパーのツインBIGで、目押し上級者向け。
秀逸なリール制御で人気に。
Bタイプ。
レバオン時の「無音」が有名な機種。


ツインBIGを採用。
4thリールも採用し、
音声の演出など多彩
なアクションで人気を
得る。

ビーマックス
(アルゼ)
大花火
(アルゼ)
バンバン
(大都技研)
マリーンバトル
(アルゼ)
ガメラ
(ロデオ)
1998年11月 1999年11月 1999年11月 2000年4月 2000年10月
大量獲得機の先駆け リプレイはずしは難易度高いが、効果は抜群
花火の人気を受け、大量獲得機として登場
4thリールを絡めた絶妙な演出で大ヒットに。
JACゲームシフト持ち越し機能最初の機種。この機能によりパンクなく大量獲得が可能に
シフト持ち越し機能により最高獲得枚数711枚実現。
シフト持ち越し機能。液晶画面を筐体上部に搭載。逆押しでフラグ判別が簡単。
ウルトラマン倶楽部
(サミー)
アステカ
(エレコ)
ワードオブライツ
(ミズホ)
1997年 1999年3月 1999年8月
CTを搭載。マンクラの愛称で人気を獲得。
CTという機能をに広めた機種。アステカルーレットなど斬新な演出で大人気に CTを搭載。アステカよりも甘い機械割が魅力。
ディスクアップ
(サミー)
ハードボイルド
(サミー)
2000年8月 2001年5月
ATとRTを合わせたARを搭載した第1弾機種。ここからからサミーの機種の演出にエイリヤンが登場するようになる。 ARを搭載。AR1000Gで一撃大量
獲得を可能にした。

獣王
(サミー)
コンチ4X
(アルゼ)
サラリーマン金太郎
(ロデオ)
アラジンA
(サミー)
2001年1月 2001年8月 2001年11月 2002年2月
いわずと知れたAT爆裂機時代の火付け役サバンナチャンスというATを搭載。「ハズレ目」という概念を広める。 3号機時代人気を博したコンチネンタルVの後継機として登場。 出玉2万枚、3万枚の時代に突入。
人気漫画のタイアップ
機。時速5千枚を売り
言葉に登場。
金太郎チャンスという
ATを搭載。
ATにより、初代アラジンの集中を再現。単チェリーの熱さをそのまま継承。

ノーマルAタイプ系
4thリール・ツインBIG系
大量獲得機系
爆裂AT機系
CT機系
AR機系

inserted by FC2 system